ママへの道しるべ

妊活中の体温チェック

助産師が教える妊活!妊娠しやすい体質になる生活アドバイス

助産師が教える妊活!妊娠しやすい体質になる生活アドバイス 母体は赤ちゃんが育つ大切な場所なので、妊活を意識し始めたら妊娠しやすい体になるよう生活習慣を見直すことが大切です。
助産師が行っている生活アドバイスは、ホルモンバランスが整うような生活を送ることです。
ホルモンバランスが整っていると、月経周期が安定し、妊娠しやすくなります。
そのためには、まずは規則正しい生活とバランスの取れた食事が基本です。
睡眠不足や偏った食生活はホルモンバランスに悪影響を与えます。
また、葉酸は胎児にとって大切な栄養素なので、妊活を始めたら摂取するようにしましょう。
次のアドバイスはストレス対策です。
妊活中はストレスが溜まりやすくなるので、自分なりに発散できる方法を見つけるのがポイントです。
ストレス対策はいくつかありますが、おすすめは運動です。
体を動かすと血行が良くなり、内臓機能を高めます。
最後に、妊活中に気を付けたいアドバイスが冷え性対策です。
血液の循環が滞ると、卵巣に十分な栄養と酸素が行き渡りません。
体を温める食材を食べたり、湯船に浸かったり、腹巻をするなど、日常の中でできることを実践するようにしましょう。

【妊活】先輩ママの妊娠するために使ったアイテム

妊活中、気をつけなければならないのは体を冷やさないことです。
体が冷えるということはそれだけ血液の循環が良くないということです。
血液の循環が良くないと栄養や酸素が十分に供給されません。
そのため、腹巻きや靴下、薄手のカーディガンなどの防寒アイテムが必須です。
暑い季節でも室内は冷房で冷えていることが多いのでバッグや職場のデスクやロッカーのなかに防寒アイテムを忍ばせておき、すぐに着用できるようにしてください。
飲み物も常温のものや温かいものを飲むように意識しすると良いでしょう。
特に赤ちゃんを育む子宮はしっかり温めなければならないので、暑い季節で外に出る時以外は極力腹巻き着用するようにしてください。
妊活が実ります妊娠したら腹帯代わりに妊婦専用の腹巻きを着用することをおすすめします。
多くの先輩ママ達は防寒アイテムを駆使して体を温めて妊活を成功させています。
体を温めて赤ちゃんにとって居心地の良い環境を作ってあげてください。