ママへの道しるべ

妊活に成功する割合

妊活を始めるきっかけになりやすいこととは

妊活を始めるきっかけになりやすいこととは 妊活は、妊娠しやすい体を作ることが大きな目的です。妊活しなくても子どもを授かることができる人もいれば、その逆になかなか授かりにくい人もいます。
子どもが欲しいと思うその時まで、自分が妊娠しやすい体かどうかは分からないという人がとても多いです。
そのため、子どもが欲しいと思って頑張っているけれどなかなかできないと感じたことが妊活をするきっかけになった、という人が多いです。
妊活というと基礎体温表をつけたり、サプリを飲んだりしなければならないのかと大変そうなイメージですが、大変なことばかりではありません。
普段から体を冷やさないようにしたり、暴飲暴食をしないことや、飲酒や喫煙を控えることなど、普段の生活の中で気を付けていればできることもあります。
子どもを欲しいと思う前から自分の体を健康的に整えることで、自然と妊娠しやすい環境を作っておくことができる場合があります。
医師の適切なアドバイスを受けることも、おすすめです。

妊活に成功している人の割合とは

妊活をしている人にとって気になる年齢ごとの成功率は毎日少しずつ年を取ることに焦りを感じながら妊活をしている女性も多いです。
自分の年齢で妊娠できる確率はどれぐらいかを客観的に理解することが大切です。
自然妊娠は不妊治療などを行わずに妊娠することで、妊娠するために医療行為を受けずに自然に妊娠確率は、排卵日を調べて夫婦生活を行ったり、妊娠しやすいサプリメントの利用も自然妊娠に含まれています。
30歳まででは約78%の確率で自然妊娠します。ところが30歳後半では52%、40歳を超えると36%と急激に妊娠する確率は低下し不妊治療が必要になります。
健康な男女が普通に夫婦生活をしていると年齢問わず一般的に受精する確率は80%、着床率は受精の半分以下です。
1周期あたりの妊娠率は10%ですが、1周期あたりの自然妊娠率は20代では15%、40歳になると3~4%まで低下します。
不妊治療として体外受精があります。体外受精は精子と卵子を体外で受精させる高度な生殖不妊治療です。
精子と卵子を取り出して受精を成功させて移植した後に着床させるため、通常の自然妊娠より高い確率の数値が想定されます。